全ての記事の表示

“何もできなくてもすぐに「それ」を始めろ” というイケハヤ系の戯言
2019/07/11
政界ゴロよ我が党へ集え、と維新は言った
2019/06/11
スラップ体質政治家の系譜 ー 樋渡啓祐、音喜多駿、水野ゆうき
2019/05/12
騙されやすい子、騙されやすい親、騙されやすい祖父母になる前に
2019/04/12
「しんじょう君」で有名な高知県須崎市、住むに危険なイケハヤ系自治体へと名乗り上げ
2019/03/13
イケハヤ教に頼る有象無象はやがてタダの有象無象に戻る
2019/02/11
「仕事」が大変で、面白く、好きだということ
2019/01/12
続々と出てくるイケハヤ系の人々の「答え合わせ」
2018/12/13
「好きなことして生きていく」人のはた迷惑な犠牲者
2018/11/13
「人生の答え合わせ」が出たケース
2018/10/14
自治体詐欺の総本山:佐賀県、その急先鋒のみやき町
2018/09/14
あらゆるカルトがあなたを狙う時代 #2
2018/08/16
あらゆるカルトがあなたを狙う時代 #1
2018/07/17
私が持ってる「好きなこと」、あなたも持ってる「好きなこと」
2018/06/17
何もできない ”プロブロガー” ー「画家」宮森はやと氏の場合
2018/05/18
何もできない ”プロブロガー” ー サトモトヒロノリ氏の場合
2018/04/18
官民に遍く蠢く樋渡系 ー あなたの子・孫に「超教育」が這い寄る
2018/03/19
「何もできない人」になるということ
2018/02/17
「アフィ厨」として死んでいく人々
2018/01/18
見映えのいい樋渡系と見映えの悪い樋渡系、どっちが怖い?
2017/12/19
ニセ預言者の量産システム ー ツダる大佐の犯罪と栄光 その3
2017/11/19
津田大介さんのたくさんのお友達 ー ツダる大佐の犯罪と栄光 その2
2017/10/20
ツダる大佐の犯罪と栄光 その1
2017/09/20
日常生活と自由主義、たとえば肉食に関して
2017/08/21
2017年夏、樋渡系の昨今
2017/07/22
政治家のウソと詐欺師の商売を支える感動ポルノの送り手メディア
2017/06/22
ファシズムに喜んで加担し、それを意識してない人々 — 千葉市行政の例から
2017/05/23
樋渡系にまつわる構造的悲劇
2017/04/23
2017年春、樋渡系の昨今と以降直近
2017/03/24
買い物代行屋 —「地方創生」とやら、もしくは持続可能な社会のための職業案#1
2017/02/23
マヌケな田舎のオヤジと呼ばれて顔を真っ赤にしながらも
2017/01/24
あなたの子・孫を待つ知の崩壊と不幸 — 未来の自由主義と知#5
2016/12/25
不自由な知は無知・痴であり、不自由だけを招く — 未来の自由主義と知#4
2016/11/25
この世の無限のリソースは知のみ — 未来の自由主義と知#3
2016/10/26
自由主義者の自由な攻撃 — 未来の自由主義と知#2
2016/09/26
未来の妥当な「知の自由」「文化的自由」へ向けて — 未来の自由主義と知#1
2016/08/27
危険な政治家を見抜く経験の蓄積は「直感」と見分けがつかない
2016/07/28
チンピラの援けも援けは援け、とばかりに手を組む自民党と変わらぬ人々
2016/06/28
子や孫に贈るべきフォーサイス
2016/05/29
情報弱者ではあっても倫理的ではあれる、と言い張る人々を尻目に
2016/04/29
いますぐにでもやめられる「情報発信弱者であること」
2016/03/31
血も涙もない「互助」の強制の一例:国民年金制度
2016/03/02
「情報弱者であること」は政治的イシューである
2016/02/04
自称・自認の似非リバタリアンを覆う影
2016/01/08
水野ゆうき氏への自由主義からの包囲網 — リバタリアニズムの事例研究#1.75
2015/12/09
メディアは能無しを制し、水野ゆうき氏はメディアを制し、よって能無しは水野氏に制される — リバタリアニズムの事例研究#1.74
2015/11/10
私の嫌いな県議、議員の資格を自ら放棄する水野ゆうき氏 — リバタリアニズムの事例研究#1.73
2015/10/13
私の嫌いな県議、牙を剥き出しにした水野ゆうき氏 — リバタリアニズムの事例研究#1.72
2015/09/15
私の嫌いな市議、華麗なる女性リベラル政治家:水野ゆうき氏 — リバタリアニズムの事例研究#1.71
2015/08/17
政治家を相手に赤子のように手をひねられて抵抗もできない国民:あなた
2015/07/18
私の嫌いな市議、若きイージュー・フリーライダー松岡隼人氏 — リバタリアニズムの事例研究#1.6
2015/06/19
私の嫌いな市議、平野和之氏の栄光と没落 — リバタリアニズムの事例研究#1.5
2015/05/28
私の好きな市議、嫌いな市議 — リバタリアニズムの事例研究#1
2015/04/29
「政治的である」ということ
2015/03/31
悪の凡才が時に野心を抱き著作権侵害を夢見た時に、君はどうするか?
2015/03/01
生の必須要件としての「知への自由」、ニコニコ生放送から続きで
2015/01/31
生の必須要件としての「知への自由」、イマドキの小中高大生から
2015/01/01
極右としても極左としても存在し得るコミュニタリアン
2014/12/03
リバタリアンとリベラル — 「〜への自由」と「〜からの自由」に絡めて
2014/11/03
非自由主義、反自由主義、縁故自由主義、オレ様自由主義としての新自由主義 その2
2014/10/07
非自由主義、反自由主義、縁故自由主義、オレ様自由主義としての新自由主義
2014/09/12
リバタリアニズム入門に快適なSFおつまみ『スノウ・クラッシュ』
2014/08/14
リバタリアニズム入門に最適なSF副読本『所有せざる人々』
2014/07/15
リバタリアニズム入門に最適で最強のSF小説群
2014/06/15
グッバイ、狂えるワールド、後出し言い逃れのあなた
2014/05/16
リバタリアンが人を扶ける時と扶けない時
2014/04/16
とある税法学者/漫画家の誕生 その2
2014/03/17
とある税法学者/漫画家の誕生
2014/02/15
確定申告をする人間は誰でも税法学者になる
2014/01/16
基礎控除額をどうでもいいと言う人は、生活や人生もどうでもいい人だ
2013/12/17
基礎控除額が引き上げられるとたとえば何がどう変わるのか
2013/11/19
ついには言い訳さえやめての消費税8%への引き上げ
2013/10/22
1万円支給といういつものツギハギだらけの言い訳施策のウソ
2013/09/23
税金を取られるだけの人と払う人 予告編として
2013/08/26
極近未来のリバタリアニスティック社会と最低賃金制度
2013/07/30
リバタリアンと最低賃金に関するよくある誤解
2013/07/22
2013/07/21の参院選をタイムマシンで振り返って
2013/07/17
一介のいち有権者にもできること
2013/06/24
なぜあなたは根拠もなく共産党への投票を嫌がるのか
2013/06/01
不要な改憲を必要と強弁し、なぜか急く人々
2013/05/15
それをやりたい人々がいくらいようとも、手続き上の無理があるため改憲は不可能にして無益・無意味
2013/04/16
まえせつ その3 — なぜいま日本にリバタリアニズムが必要なのか
2013/03/17
「税制」カテゴリー最初のまとめとちょっとした「まえせつ・あとせつ」
2013/02/16
そもそも基礎控除額が30年間変わらないなどということがあっていいのだろうか
2013/01/17
消費税8%/10%時代には基礎控除の額はどうなるのか
2012/12/18
基礎控除額の些細な引き上げは消費税の負担相殺に益することはない
2012/11/18
38万円の基礎控除は5%の消費税の「言い訳」として十分なのだろうか
2012/10/20
まえせつ その2
2012/09/26
あなたは103万円という金額の意味を知っているだろうか
2012/08/29
「税金を払ってない」という言葉をあなたは正しく使っているだろうか
2012/08/04
いま生活保護の何をどう語るべきなのか?その2
2012/07/20
いま生活保護の何をどう語るべきなのか?
2012/07/14
まえせつ その1
2012/07/11
プライバシー ポリシー
2012/07/11