ものすごくゆっくりと、でも確実に
2017.08.21

このブログではいつの間にか、地方政治/行政に潜むファシズム・反自由主義の種や、自民党型政治のファシズム的土壌がどのように「身近」なところから育まれるかを書き綴るのがメインのようになっているが、実を言えば私の「政治」に対する関心は、本来そういうところにはあまりない。
今回は軽く肩の力を抜いて「楽しめる読みもの」的なエントリとしてみよう。
「普段の私」は元来はこういうことどもを広く読んだり考えたり学んだりしていて、そこにこそ私のリバタリアニズムの根っこがある、といったエントリだ。



スポンサーサイト






   

ブログ内検索
基礎から学ぶなら