ものすごくゆっくりと、でも確実に
2015.07.18
「日本人」というのは昔から、寄らば大樹の陰、長い物には巻かれよ、勝てば官軍を地でゆくもっとも醜くもっともさもしくもっともひ弱でもっとも言い訳がましい、ぞっとするほど情けない民族/国民/住民であろう。
そのくせ、自分が「被害者」になると初めて、自分にはそういうつもりはなかった、自分はそういうものに加担しはしなかった、と自己弁護と八つ当たりにのみ走るのだ。
そうでないというあなたなら、そうでないということを言動でフツーに常日頃から示せばいいだけなのだが、なぜかあなたはそうすることがない — つまりあなたは自分がそういう醜い人間であるということを自分で認めてしまっているわけだ。


たとえば私は、相手が国家だろうが政府だろうが自治体だろうが政治家だろうが、あるいはどこかのおエラい成功者の経営者だろうが、常に1対1の対等な存在として言いたいことはなんだって言える — 僅少な卑近例を挙げれば、私は過去にこのブログやツイッターで、名指しで樋渡啓祐、平野和之、松岡隼人等の各氏を妥当な言葉で強く批判し皮肉り罵倒してきているが、それらの言説は完全に合法的かつ高リテラシーなものであるため、彼らのような人格破綻者ですらたとえば「誹謗中傷」「風説の流布」などを以て私を訴追したりはできない。
当り前だ、私は事実や論理的に妥当な推測や観測を以て彼らを批判しているに過ぎず、それらが「妥当」であることはあらゆる法律やグーグル検索システムや日本国憲法によっても認められており、たとえ彼らが泣きわめく幼稚園児のような逆ギレ精神を発揮して一か八かの訴訟に乗り出したとしてももっとも下級の裁判所によってすぐさま不受理の憂き目に遭うだけだから。


なぜ今回いきなりこうしたパンキッシュに激した言説を物しているかといえば、次回あたりに予定している「私の嫌いな市議」シリーズ第3弾 — 元千葉県我孫子市議にして現千葉県議である水野友貴/ゆうき氏に関するエントリへ向けての露払い/前哨戦をやっておきたいからなのだ。


あなたが水野ゆうき氏という元市議/県議を知っている/知っていないにかかわらず、あなたは氏に簡単に騙され乗せられる存在であるということを私は知っている。
「そうでないあなた」ならこのエントリをニヤニヤしながら読んでいるはずだ。
「そうでないあなた」なら安倍政権/自民党のウソを疾うに見抜いて疾うに反対の声を上げているはずだ。
そしてこのエントリは、そうであるあなた=政治家や政党や国家に簡単に騙され乗せられる存在であるあなたに向けて、その恥ずかしさと浅はかさを見せつけ、そこからの脱却を呼びかけるきっかけを目指すものとなる。


知ってる人も知らない人も、ちょちょいと調べてみれば分かることだが、水野ゆうきという人は千葉県我孫子市議時代から「若い女性で、無所属で、高い政治的意識から何の後ろ盾もなく立候補し、SNSなどを現代の若者らしく駆使した従来の『政治家』らしくない清廉で清新なアプローチで、どこにでもいる市井の人々 — 殊に若者や女性 — の支持を集めて当選した、リベラルな、殊に女性や若者の地位向上や政治参加を旗として掲げる、すんばらしい政治家」として喧伝される存在であった。
だが、それは誰が、あるいは何が言っていることだろうか?
それは本当に水野ゆうき氏と縁もゆかりもない、利害関係も損得勘定もない、政治・行政関係の、志ある新聞・TV局・雑誌・ウェブメディアの記者・編集者によって、然るべく発見されて喧伝されたことだろうか?
— 調べてみればいい、他ならぬあなたが、いますぐに。


前段から10分なり30分なりが経ってこの段に戻ってきたあなたなら、先程よりは少し知っていることが増えたはずだ。即ちあなたは —
・小3〜中2に在ロスアンゼルス、津田塾大学学芸学部国際関係学科に入学し、東証一部上場企業にて役員秘書を経験後、民放テレビ局に転職
・BSフジ「LIVE PRIME NEWS」のキャスティング担当
・福嶋浩彦元消費者庁長官・元我孫子市長と朝比奈一郎青山社中株式会社筆頭代表CEOに師事している。シンクタンクの研究生でもある
・毎月フジテレビ元報道局解説委員、Japan In-Depth編集長の安倍宏行とともに政治経済勉強会を開催
・SNS議員と呼ばれ、SNSを駆使している。津田大介とは友人関係でソーシャルメディアの師匠としている
・我孫子市に我孫子市Facebookを導入させた。 樋渡啓祐を師匠としている
などなどのことを、いわば「初動」の基礎情報として知ることができている。   ※1


であればあなたは、単純に論理の問題として、水野ゆうき市議/県議が
・フジ/サンケイ・グループの各種メディアから
・若い世代からの絶大な支持を誇るセカイのアクティヴィストにして金髪のメディア貴公子にしてTVタレント:津田大介氏の関係メディアから
・所謂「武雄系」「樋渡系」「安倍系」の大小の各地の政治家から
・『Japan In-Depth』『メディアゴン』などのあってもなくてもいい零細メディア企業体から
いわば「一方通行で」「検証なし、検証無用で」讃え上げられ、よってもってあなたやあなたによく似た人々に「そういう素晴らしい政治家」として鵜呑みの内に支持されていることを可能性としては認めざるを得なくなる。


さあ、どうだろうか?
私の挑発的で戦略的な論運びで怒りが沸いてきただろうか?
だとしたらあなたは「その先、その奥、その裏」を、これから調べてみようという気になっただろうか?
調べた上でなお、水野氏を支持しようというのであれば、それはあなたの自由(もしくは自己責任)であり、私には何らの異論もない。


たいていのあなたはそうしない。
私が我孫子市民/千葉県民でないのと同様に、あなたも我孫子市民/千葉県民ではなく、そして私とちがってあなたは、「我孫子市民や千葉県民が民度の低いアホの集まりで、それに相応しいアホまたは悪辣な政治家を戴いていようが、それはそいつらの勝手、そいつらの自由、そいつらの権利。自分の知ったこっちゃねえわな」と政治家の悪・政治家のウソをまたしてもいつもどおり見過ごすのだ。
なにせ自分とは関係のないことなのだから。


水野ゆうき氏単体のことは措いとくとしても、一時が万事この調子なのだから、政治家やその候補者があなたを舐め切り、騙し、カモにし、自得のために国政やカネを、あなたの気に入らない方向に使っていくことなんて造作もないことだろう。
政治家側からすれば「笑いが止まらない」って好状況だ。
あなたやあなたによく似た「国民」のひとりひとりが、そのように赤子の手をひねるようにコロっと騙され、しかも自分から喜び勇んでコロっと騙されにいってご満悦なのだから、何をか言わんや。


そうでないというのなら、そうでないということを示す言動をいますぐ始めればいいだけだ。



※1
水野友貴とは - Weblio辞書 より
根本的に『ウィキペディア』のコピーに過ぎないこうしたサイト/ページであるが、2015/07/18現在、当該ウィキペディア項目が何者かによって削除されているため、敢えてリンク先とした。
じきにウィキペディアを元ソースとする同様ページは全部削除されるものと予想される。
ということは —
何かのきっかけで水野友貴氏のことを素早く客観的に知りたいと思った住民/国民は、それ以降、水野友貴氏の発信した文言によってのみそれを知ることになる。
そうした状況は、現代では比喩的に「大本営発表」と揶揄されるものである。









にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ   
にほんブログ村

プロフィール

Author:demosthenesZ
第一にリバタリアン、ある意味リベラル、ある意味左寄り。
全体主義と衆愚政治がいちばん嫌いだから、です。
twitterでも@demosthenesZ

スポンサード リンク





ブログ内検索
基礎から学ぶなら