ものすごくゆっくりと、でも確実に
2017.05.23

この2010年代の日本で、「ファシズム」「ファシスト」という言葉とその意味を知らずに生きている人というのはさすがに少なかろうとは思うが、知っているつもりでいるだけの人というのはまだまだ十分に多いのではなかろうか。
「それってもしかしたらすごく恥ずかしいことなのかも?」と感じたなら、とりあえずのとりあえずのとっかかり程度に以下の『ウィキペディア』項目をまず読んでみて —
ファシズム - Wikipedia
ついでに関連で
権威主義 - Wikipedia
全体主義 - Wikipedia
— をも併せて読んでみると、「現代の日本でいったいなぜ『ファシズム』なんてもんをわざわざ問題にしなけりゃならないんだろう?」みたいな素朴でおめでたい疑問はそれなりに解消されるのではないだろうか。
歴史上の狭義のファシズムが消えても、世界中のあらゆる国でファシズムの種はいつでも芽を出し得るし、「銃と軍靴」の音がたとえしていなくても、ファシズムの暴力/強制力は必ずあなたの自由や権利を着実に奪う。



さあって。
ファシズム的支配状況が起こる時、それは常に「このファシズムはボクチンの味方だもーん!これは良いファシズムなんだからボクチンは支持するよーん!」というマヌケな幼児性老人と老人性幼児のわがまま気ままに支援されて起こる。
ということは18才から90代、なんなら100代110代120代までに亘るあらゆる年齢層の男女、さらには18才未満の非有権者にも、責任がない人はいない、ということだ。
「そんな責任負わされたくないし、そもそも負えない!」という人がいようが、実はその責任を負うのはまったく難しいことではないし、実際に多くの人はしょっちゅう負っていることだ — 自分に投票権のある選挙において、できるだけファシスト性の高い候補に投票せず、(したがってたとえ「消極的選択」であっても)ファシスト性の低い候補に投票する、で済む話。



で、ここで一気に話を具体に、タイトルにある「千葉市行政の例」に、厳密には現千葉市長/千葉市長選候補:熊谷俊人氏の市政スタイルの話に持っていくが、そこには「このファシズムはボクの味方。これは良いファシズムなんだからボクは支持する」という市民/有権者自身による積極的・自発的なファシズムへの加担が如実に表れている。
ほんの参考までにだが、別宅ブログのエントリ:
樋渡系にしてダイニッポン系、熊谷俊人氏の千葉市長3期目なるか? — リバタリアニズムの事例研究#6.7
そしてそこからの参照ページを読んでもらうといい。
「銃と軍靴」みたいな典型的なイメージは、リベラルで鳴らす熊谷俊人氏のごく一般的なパブリック・イメージからはずっと遠いものに思えるだろうが、「暴力」「強制力」「同調圧力」「強権」というのは、殊に現代日本(また現代UKやアメリカやフランス)のような国家/社会においては、ずっとずっと見え難い、「ソフト」な形に洗練偽装されているものなのだ。



そのご当人たちには別段恨みもないが、その、ファシズムに喜んで自発的に積極的に加担する「ボクチン」の例を少し挙げてみよう —

https://twitter.com/sakusakusakku39/status/849099034249895936
熊谷千葉市長「異常さに気付かない方々と会話する気はない」家庭ごみの開封調査の質問に - Togetterまとめ https://togetter.com/li/733620 @togetter_jpから ゴミの中身見られるのが嫌なら民間で自分で処理しろよ何も困ることないだろ見られたって

https://twitter.com/xperimaku/status/525871036407877634
くだらねえ。粘着ばかりじゃねえか。プライバシーって(笑) > 熊谷千葉市長「異常さに気付かない方々と会話する気はない」家庭ごみの開封調査の質問に http://togetter.com/li/733620

https://twitter.com/manchi1130/status/525835591573708800
ゴミの分別もできないヤツがギャーギャー騒いでるだけなんでしょ?なんで分別しないの?民度低いの?それとも馬鹿なの(ㆀ˘・з・˘) ? http://togetter.com/li/733620#c1651930 …

https://twitter.com/ko63163067/status/525507116962836482
熊谷千葉市長「異常さに気付かない方々と会話する気はない」家庭ごみの開封調査の質問に - Togetterまとめ http://togetter.com/li/733620 @togetter_jpさんから ゴミにプライバシーなんてあるわけねえだろ!捨て方考えろよ。アホか!(笑)

ツイッターの「キーワード検索」の窓に「togetter.com/li/733620」というクエリを入力して、その検索結果、殊に「すべてのツイート」を観てみるといい。
実際には多くの人がそれぞれの立場・意識から9対1以上の比率でこの熊谷俊人氏の姿勢に批判的なツイートをしており、そこにはまだ希望があるとは言えるのだが、常に「何も考えず、それでいて何かを考えているつもりになって、無頓着に『権力側』に擦り寄り、自身が大人物になった気でいる人」というのがこのように存在するわけである。
このような人たちは、他ならぬ自分自身や自分の家族だって、ゴミから得られたプライヴァシー情報の悪用によっては簡単に経済的・社会的に破滅させられ得るということには思い当たらないのだろう — 普通そういった事案は犯罪者の犯罪的意図によってしか為され得ないところを、行政が住民の同意の許に為してしまう危険性があるというのが、この件に関する批判の骨子であるのに。
もちろんこうした人々が、世が世ならばナチス・ドイツや大日本帝国に喜んで加担し、後に「過ちは繰返しませぬから」とか嘯きつつも数十年すればまた同じ過ちを繰り返すのだ。
(ちなみにだが、もしこの事象を発見して恥ずかしく思った当該ツイート主のみなさんは、その元ツイートを削除することもできる)



こうした可哀想にも醜くさもしく勉強嫌いで人から蔑まれ厭われる、そしてそれゆえやはり一層可哀想なオトナコドモ/コドモオトナの何十万や何百万、多い時には何千万が、その「ボクチン/アタシの気分」によって狡猾な政治家を(あるいはまた企業の詐欺的サーヴィスを)支持・支援している。
日本国を、この千葉県千葉市を、そしてその道の寵児:佐賀県武雄市を例にとって俯瞰してみれば、「ソフト」な現代型ファシズムが「人々」を支配し、またその人々によって支えられているのが紛うことなく看てとれる。
大学生時代の『徹底歴史研究同盟』から少しも変わっていないか、あるいはその内心を巧妙に隠すことを覚えただけかの熊谷俊人氏は、「右傾化」もしくは全体主義化した現在の日本/千葉市を看てとって、朝鮮学校やゼロ戦に関しても、「観測気球を打ち上げる」とともに「ネトウヨである千葉市有権者」「アカ嫌いである千葉市有権者」「何も考えないチョロい千葉市有権者」をも有益な票田として取り込むことを決意したらしい。
来たる2017年5月28日投開票の千葉市長選を控えて、たまには1週間にのべ70分くらいのリソースくらいは割いて、読み調べ検証するくらいの労を取ってはどうだろうか、殊に当の千葉市民/有権者であるみなさんは?









にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ   
にほんブログ村

プロフィール

Author:demosthenesZ
第一にリバタリアン、ある意味リベラル、ある意味左寄り。
全体主義と衆愚政治がいちばん嫌いだから、です。
twitterでも@demosthenesZ

スポンサード リンク





ブログ内検索
基礎から学ぶなら