ものすごくゆっくりと、でも確実に
2018.04.18

前々エントリ:「何もできない人」になるということを書いた際、私の頭に特にあったのは「イケダハヤト系」の人々のことであった。
原理的にはその病理は、ひとつの単純なイシューから発生しているのだが、その病理の表れは(ある程度とはいえ)多様なため、総論的に語るのは困難を極める。
それを鑑み、以降不定期に続けるつもりのこのシリーズ「何もできない ”プロブロガー”」では、今日日の10代20代の少なからずが「楽して成功」ポルノとして親しんでいるイケダハヤト系の人々の矛盾と欺瞞とみっともなさを粛々と語り開いていくエントリ群を物してみよう。
ちなみに、タイトルでわざわざ「”プロブロガー”」としてあるのは、この名称と表記の馬鹿げ加減への侮蔑をこめてであり、以下は便宜上引用符抜きでいこう。



サトモトヒロノリこと里本裕規氏が、樋渡系迎撃・防疫部隊である所謂「武雄クラスタ」に発見されるのは早かった。
2015年の8月から9月に、この奇怪にも哀れな大学院卒の青年は、あの樋渡啓祐氏のお弟子さんからあのイケダハヤト師のお弟子さんに転身するというアクロバティックな人生航路により、その道の好事家たちの注目を浴びた。

https://twitter.com/demosthenesZ/status/627781502529466368
15/08/02
さて、佐賀大学農学部出身で、佐賀県武雄市税務課を2年足らずで辞した、イケダハヤト師のアシスタントも務めるという、フリーライター/プロブロガー:里本裕規(サトモトヒロノリ)氏 @Hyakujuoh が、その高い意識に相応しいツイッター活用を続けていくのか否かが注目されますね。
https://twitter.com/ockeghem/status/642604502260969472
15/09/12
2014年07月19日の記事の再掲。武雄市役所は退職したけど、樋渡元市長についてはとても肯定的なのですね。現在はとくにコメントないけど、考えが変わったとは書いてないので… / “武雄市長随行研修レポート(再) : Discover…”
(当該記事URLが続く。また、続くリプライに著作権侵害の指摘もある)



佐賀大学農学部、および同大学院農学研究科を首席(本人談)かそこらの優秀な成績で卒業し、ところがどういうわけか佐賀県武雄市役所税務課に入庁し、畑違いの職務がよほどこたえてか1年3ヶ月ほどで離職したサトモトヒロノリ氏だが、それでもなお樋渡啓祐さんへの敬慕の情捨てがたかったらしく、2つのブログに同一の回顧エントリをドヤッとばかりにあげていたのだった。
雉も鳴かずば撃たれまいに。

武雄市長随行研修レポート(再) : Share Local(キャッシュ)
武雄市長随行研修レポート(再) : Discover Innovatorsー100人取材で人生変わるかー(ウェブ魚拓)













にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ   
にほんブログ村

プロフィール

Author:demosthenesZ
第一にリバタリアン、ある意味リベラル、ある意味左寄り。
全体主義と衆愚政治がいちばん嫌いだから、です。
twitterでも@demosthenesZ

スポンサード リンク





ブログ内検索
基礎から学ぶなら